FC2ブログ

XM8 Anodizing 検証&レビュー

XM8_Anodizing.jpg

課金カプセル武器XM8 Anodizingの検証とレビュー

まずは対人ダメージ検証

・胴体ダメージ
xm8A.png
・HSダメージ
xm8Ahs.png


胴体ダメージを見てみると射程が上がった分、XM8無印と比べ20m・30mでのダメージが若干上昇しています
HSダメージは無印と特に変化なしという結果に
もちろんダメージには乱数があるので毎回この結果になるとは限りませんが・・・

弾痕がつく最大距離を調べたところXM8無印よりは遠くまで弾痕がついたので射程が上がっていることは間違いないと思います


次に連射速度
XM8無印が2秒間に約19.9発 (クラーケンノンカスタムとほぼ同じ)
Anodizingは2秒間に約20.7発 (クラーケンメカニズム改善とほぼ同じ)


使用感については、相変わらず画面ブレが非常に少なく撃ちやすいです
ただしレティクルの開く速度と閉じる速度がXM8無印(ガスピストン)と異なります
レティクルが開く速度も閉じる速度もXM8無印より速いです

XM8無印は8発目位までレティクルがあまり広がらない為フルオート気味で撃つことが可能でしたが、Anodizingはすぐにレティクルが開いてしまう為フルオートでは集弾が悪くなります
だからと言ってM4A1の2点バーストのようにこまめに指切りを入れても逆にレティクルが開いてしまうため指切りのタイミングがかなりシビアです

連射力と射程が上がっているものの集弾が悪くなっているのが痛い・・・

Anodizingは日本オリジナルの武器である為、今後国際大会やRSTで解禁される可能性はゼロでしょう
おそらく今後流行ることは無いのではないかと思います

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

notebook

Author:notebook
AVAの検証とかやってます
主にアップデート後更新

デバイス紹介
AVAのトッププレイヤー達が使用
する代表的なゲーミングデバイス

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QR